久し振り

d0343540_12504656.jpg
お天気は上々

気分は下り坂


ブログも15日以来です
だーれも来ないからまっ!良いか~



粉寒天を買って来て
寒天珈琲を作りました
シロップは豆乳で

d0343540_12510646.jpg
d0343540_12512967.jpg
甘さは蜂蜜です


美味しく出来て良かったです
少し食べるだけでお腹が満腹
何時までも満腹感が続きます
東洋医学的には人間の食事は1日2食で
良いと言われる
徐々に租の様になって行くのかな?


ただ

困るのは ご飯の都合
食べるのは主に夕飯 息子です
最近帰宅は早くなりました
カルテの電子化が終わったらしい

1時間帰宅が早いと私は楽です

もっぱら最近は11時頃には眠っています
夜中3時には起きるけれど
起床は4時半から5時

午前中は長いです


体調が悪い時は永遠と眠っていると時間は過ぎました

今は眠って居られなくなりました
体調の良い事は感謝なんだけれど
手首の痛みで家事もパッチワークキルトも全く
出来なくなっています(困)


庭いじりも禁止です



読書は出来るかな

眼科通院で手術をしました 後発白内障

レーザー光線照射 これも手術になるのですね!





後発白内障とはどんな病気か

 白内障の手術後、数カ月あるいは1年以上たったころ、手術直後に比べて少しかすんで見えるようになってくることがあります。これは、白内障手術時に残した水晶体(すいしょうたい)の袋(水晶体嚢(のう))が薄く白色に混濁(こんだく)してきたためで、その混濁によって網膜に届く光がさえぎられて、再び白内障のような症状が起こることから後発白内障といわれます。

後発白内障の原因は何か

 水晶体嚢は細胞からできていて、その細胞が手術後徐々に増殖し、嚢の厚みが増したもので、悪性のものではありません。しかし、一度にごると透明にもどることはありません。

後発白内障の治療方法

 治療は、ヤグレーザーという光線で、その白濁した水晶体嚢の中心を破り、光のとおり道をつくります。眼科の外来で短い時間で処置ができます。多くの場合、一度レーザーを受けると、またよい視力にもどります。
 処置後、一時的にもやもやしたにごりが見えることがあります。これは飛び散らせた水晶体嚢のかけらが眼内に浮遊しているのが見えているためで、次第に沈んでいき、気にならなくなります。また眼圧が一時的に上昇したり、まれに
網膜剥離(もうまくはくり)を起こすことがあるので、レーザー治療後も眼科受診が必要です。


2週間 日に3回目薬を差します


術前とは大違い

見えにくかった目が白内障手術後の様に見る物
全部綺麗に見えています


何より嬉しいことは 再発が無いという事です




[PR]
by motoni0224 | 2017-05-21 13:35 | 毎日の事 | Comments(0)